立ち並ぶ廃屋。
ひび割れたアスファルト。






●在室者が自由にパスワードを設定できます。
参加者(0):ROM(1)
Time:02:35:27 更新


ご案内:「貧民街」から黄衣の気配が遠ざかる…。 (09/20-11:31:11)
黄衣 > 
(間に合うことなく、取りのがすのだった)

ははははは、また遊ぼう、醜い異形たちよ!

異形が黄衣を襲う!ダメージ反射!
異形【100→90】
黄衣【 100→28 】【SP 6→13】 (09/20-11:30:43)
黄衣 > 
(異形の気配:67) (09/20-11:29:07)
黄衣 > (歩む速度を緩めて、異形を挑発する。濡れた金色の髪はセットも崩れている。のぞくうなじには水滴がしたたる。口元に笑みを浮かべ尻を振りつつ、黄衣は街の中心部へと歩んでいく。そして追いかける異形は…) (09/20-11:28:59)
黄衣 > 
(街に入る前に、もう一度、力の調整を行う)
ここに入る前に力を派手に試してしまったからね…。

フゥウゥウ うぅうぅうむ!

で、来るのかい?来ないのかい?
私はもう街に入っちゃうよ…?
(貧民街の出口はもう目前だ。距離を詰める異形は速度を上げた)

(異形の気配:67) (09/20-11:07:21)
黄衣 > 
(異形は距離を詰めるが、まだ隙を見せない黄衣の堂々としたさまを追う他ない)

ははは、街はもうすぐそこだよ?
私と一戦をまみえたいんじゃないのかねえ?

(異形の気配:63) (09/20-10:47:36)
黄衣 > 
(少しずつ迫る気配、カツカツと街の中心部へ歩みを進める黄衣、距離が近づく前に街に入れるのだろうか?)

遠慮は要らないよ…? 私の体が欲しいんだろう?
下衆どもよ…、久しぶりの獲物が臭い堪らないんだろう?

(言葉で挑発をするものの、歩みは淀まず、風のようになめらかに歩いていく。その優雅に歩く様は妖艶な色気がある)

(異形の気配:26) (09/20-10:44:35)
黄衣 > 
(まだ力の具合を調節できないようだ。異形の気配を感じながら、街の中心部へと歩みを進める)

異形ねえ… 来なよ…?


(異形の気配:25) (09/20-10:39:52)
黄衣 > 
ふふふ…、しばらく厄介になるよ…。

(実体化した者は黄色のアーマードスーツを纏う妙齢の金髪の女だった。憂いを帯びた表情で雨に打たれるのも気にせず歩く。白く透き通るような柔肌は、後ろの風景が透けているかのようだ…)

(09/20-10:37:59)
黄衣 > 
(秋雨を伴った大嵐が近づく中、生ぬるい風溜まりに血のような臭いを伴って淀んだ空気が実体化してゆく)

びゅうううう、びゅうううう、びおおおお…

(09/20-10:34:15)
ご案内:「貧民街」に黄衣の気配。 (09/20-10:31:30)