スキル

【一の太刀】(SP4)
一意専心。一太刀にこそ魂を込めよ。

異界からの漂流者。

この廃棄都市からすれば伝説上とも言える日ノ本からやって来た剣士。食い扶持を求めて京へ向かう途中、この第六区へ着いたという。

正々堂々とした勝負を好み、花鳥風月を愛でて酒を飲むことを好む。

人死にが日常だった時代に生きたからか、その生死観はなかなか淡白。


【武器】
『備前長船祐定』

『祐定』の手によって作られた、銘刀オサフネの1振り。

反りの浅い愚直な真っ直ぐさを持つ刀である。
名工でもない刀工が『祐定』の名のもとに一意専心の元に鍛え上げたであろうもの。

どんな祐定によって作られたか。それはわからない。
だが、朴伝はこの刀に己の命を賭ける。

ーーー借り物の名前を持つ刀と主なき武士。闇へ消え去るさだめを持つはふたつの武。