広い芝生と清水の噴水。
六区住民の憩いの地。






参加者(0):ROM(1)
Time:16:16:04 更新


ご案内:「広場」からクーの気配が遠ざかる…。 (12/28-23:13:48)
クー > 今日は住めそうな場所を探して、と…後のことはゆっくり考えよう~(ふらふらーっとどこかへとその姿は掻き消える) (12/28-23:13:41)
クー > この区域はまだいいけれど…怖いところもあるんだよね…(辺りを見渡すと誰もが束の間の休息を楽しんでいるように見えた)今すぐは無理でも少しずつ探検してみようかなぁ…。 (12/28-23:11:42)
クー > (広場にて覚醒する意識。先程までいた己の知った世界とはまた別だとわかるのに差ほど時間はかからなかった。花が咲き乱れる広場は、憩いの場だとわかる。歩くたびに揺れる首輪のベルが己が今ここに生きていることの証だ)…今日からここが、私の生きる世界、かぁ…。 (12/28-23:06:34)
ご案内:「広場」にクーの気配。 (12/28-23:01:58)